アラサーの生き方とファッション

アラサー ファッション

30歳を一つの区切りと考えた時に押し寄せてきた不安

「30歳」

これはたかが数字でしかないけれど、女性にとっては一つの大切な区切りともなる。

「たかが数字」だなんてさらっと流せる人は強いな、と私は思う。

 

「たかが数字。されど数字」

「たかが30歳、されど30歳」

#ストレングスファインダー で未来志向が上位の私は

未来の自分にワクワクしながらイメージを膨らませることが好き。

でも、30歳を目前にしたとき。

これからの人生について考え、悩む時間が増えました。

 

ワクワクというより“不安”が大きく押し寄せてくる…。

 

 

不安を抱えているときって、無意識に他人と比べてしまうんですよね。

そして、他人の何気ない言葉をやけに気にしてしまう。

 

 

「女は30までに結婚しないと」(いつの時代だ!結婚するもしないも個人の自由!)

元々結婚願望があまりない(周りの友人と比べて、ですけど)私でも

結婚した方がいいのかな、、、と焦りだす始末。

 

 

まだ起きてもいない事柄に“不安”を抱えながら生きていくなんて

楽しくもなんともない。

これじゃいかん!と思い立ち、

本を読んだり、著名人の講演に行ったりしました。


 

そこで出てきた共通のワードは“自分軸”。

自分の人生も幸せも他人の価値観の基準で決めるものではない、ということ。

周りが結婚しているから、とか。

親に言われたから、とか。

そこには自分の意思は存在していないですよね。

 

でも、“自分軸で生きること”って、最初はすごく難しい(と私は感じる)。

全部自分の責任だし、そもそも“自分”というものがわかっていないといけないし。

コミュニケーションをとる上で「相手に嫌われたらどうしよう」とか

他人からの視線を気にしてしまいがち。

 

自分という根っこがどういうものかふか~~く掘り下げていく作業をしないといけない。

自分掘り下げ作業をしていくと、他人から見られているイメージと自分自身が感じるイメージとにギャップが生まれたりして。

ここでもまた自分というものがわからなくなり…

 

でもそういう葛藤もふくめ、掘り下げ作業をしていく。

「あ~~めんどくせい!」となっても放り出さないように。

“自分軸”という生き方は“自分を大切にする”

そして

 

他人に“媚びない”生き方。

 

他人軸で生きることが決して悪いことだとは思いません。

自分のことよりも周りの人に喜んでもらえるこで生きがいを感じたり、

信頼している人の意見を聞いてから行動に移したい人もいると思います。

 

でも、自分の人生を歩くのは他の誰でもない、自分自身。

「自分軸」を持っていると、自分にとって必要なものを手にしながら

いざというときにブレずに判断できますよね。

 

そして、今まで他人の顔色を気にしてしまいがちな人は一度「自分軸」という生き方を

意識してみるといいかもしれません。

 

 

ファッションは“自分を知る”ためのツールだと思えばいい

自分軸で生きていこうと決めたとき、ファッションの力を借りることはとても有効。


「こういう風に生きていきたい」

「芯のある女性に見られたい」

など、ファッションを使ってなりたいセルフイメージに近づけることができるからです。

 

そして、


ファッションはあなたの生き方そのもの。

 

 

自分軸がブレにブレているときって、ファッションもブレにブレている…(ことに気づいた)

 

逆に「私はこういう人間だ」と自信をもって言える人のファッションて

芯が通っていて他人に媚びたりしていない。

 

年齢を気にしすぎたり、モテを気にしすぎたり、流行りを気にしすぎたり、

 

していない。

 

 

まずここを整えると、思いのほか生きやすくなったりします。

 

 

例えば、タレントのYOUさんやモデルの萬田久子さん。

お二方のファッションを見ると「自分を持っていて媚びていなくてカッコイイな~」と感心します。

 

元々独自のセンスをお持ちだと思うし

素敵に年齢を重ねていらっしゃるので、

 

いきなりあのお二人を目指すことは少々ハードルが高いですが、

お二人の芯の強さはテレビ越しでも伝わってくるものがあります。

 

 

自分を知るためのファーストステップに「パーソナルカラー診断」がおすすめのワケ

「自分軸」で生きていこうと決めたとき、ファッションに頼るのは有効と書いたけど、

そもそもどういう風にファッションを取り入れたらいいの?と感じたら。

元々ファッションが苦手な方もたくさんいらっしゃるかもしれませんね。

 

でも、難しいと思わなくて大丈夫ですよ♡

 

まずはファーストステップとして「自分に似合う色を知る」こと。

 

自分に似合う色を着るだけでも、周りから受ける印象はガラっと変わります。

 

似合う色を着るだけでお顔映りがパッと華やぐので

「あの人なんか洒落てるね」

となるわけです。

 

 

表情が生き生きとして見えるので、自分に自信があるように見せることもできます。

 

それだけ、普段の服にパーソナルカラーを取り入れるのと取り入れないのでは差が出るのです。

 

 

yourselfのパーソナルカラー診断は、単に似合う色だけをお伝えして終わりではありません。

 

オシャレが苦手な方にでもわかりやすいように「なぜ似合うのか・似合わないのか」を感覚ではなく理論で説明します。

 

そして、パーソナルカラーの診断結果で似合わない色が自分の好きな色だった場合。

好きな色だけど似合わないなら…と着ないことを諦めますか?

 

yourselfのパーソナルカラー診断は「似合わないを似合わせるコツ」をお伝えしますので

ご安心下さいね♡

 

今ならモニター価格(期間限定)で診断が出来るので、お見逃しなく♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました