大人の女性におすすめしたいファションにおけるピンク色の取り入れ方

こんばんは!
福井のパーソナルスタイリスト・エリです。
福井県では初となる服装心理診断®を使ってひとりひとりに合わせたおしゃれのお悩みカウンセリングやスタイリングをしています。

今日はアラサー女子におすすめしたいファションにおけるピンク色の取り入れ方をご紹介!

ピンクといっても、淡いピンクから紫に近いディープなピンクなど様々で
パーソナルカラー毎に似合うピンクも違ってきますが、
一括してピンク色って「キュートで」「女性的な」「愛らしい」印象を与える色というイメージ。
でも、ファッションにおいては「若作り感」だったり「甘すぎたり」と懸念されがちな色だったりします。
特に大人の女性達には。
お客様の中でも苦手な色をお聞きすると「ピンク」とお答えされる方は結構多いです。

ピンク自体は嫌いではないけれど、甘くなりすぎないファッションが好きな方はあまり選ばない色かもしれません。
でも、そんな方にこそおすすめしたいピンクの取り入れ方。


わりと大きめの柄やピンクが持つ「キュートで」「女性的な」「愛らしい」イメージといは真逆のイメージを持つ色を合わせると甘さが落ち着き大人でも意外と着こなすことができます。

素材も「綿」や「麻」を選ぶことでナチュラル感や抜け感を出すことができます。

ファッションは「色・形・素材」で成り立っているので
それぞれの要素をどう活かすかがポイント。


この画像の場合も、マーブル柄といったわりと大きめな柄を合わせることでFeminineさは半減。
大人の女性でも「え、私ピンク色なんて着て大丈夫?」だなんてそわそわせずに済むと思います。

ぜひ、お試しください~

関連記事

  1. make up

    最近のスタメン・コスメ~アイシャドウ編~

  2. 「ブルベ冬」の人におすすめしたい抜け感の出し方

  3. ブルベはカーキが似合いにくいって本当!?

  4. 小物に頼ってマンネリファッションを乗り切る!