30代からの服の似合わせ方

ショッピング ファッション

 

こんにちは。

パーソナルスタイリストのエリ(@eeerip)です。

地元福井でファッションが苦手な方に向けたパーソナルスタイリングサービスを行っております。

 

30歳を過ぎてから服が似合わないと感じるモヤモヤ

 

30歳を迎えた途端「今まで好んで着ていた服が似合わない気がする」と焦りを覚えたのは私だけでしょうか。

 

体型の変化、髪型の変化、など「目に見えてわかる原因」があるのであれば腑に落ちるし、改善のしようがある。

(ジムに通って体を絞る、食事の見直しをする、髪型を変えるなど)

 

「なんとなく似合わない」からどこをどう改善していいのかわからない。

言葉でうまく説明できないときに口から出てくる「なんとなく」にいつもモヤモヤさせられるんですよね~。

 

似合わないと感じるようになったのはすべて「年齢」のせいだと思っていました。

 

「これから歳を重ねるごとに着られるカワイイ服が少なくなっていくんじゃないか…」

 

 

そんな不安と焦りから、いつしか無難な服ばかり選んで着るようになっていったのです。

 

でも、無難な服ばかりじゃせっかく買った服なのに着ていてワクワクしない。

だから、やっぱり自分が「かわいい♡」と思う服を着たらいいのかな。

 

かわいいと思うものは10代の頃からそう変わらないのですが、

(花柄だったりフリルだったり)

歳を重ねる毎にフェミニン要素が強いアイテムを着ることは少なくなりました。

似合わなくなってきたなと感じていたし、“イタイ”って思われたくないから。

 

 

「歳なんて数字にすぎない!いくつになっても好きなものを着たい!!」

「もう20代じゃないんだし、年相応の服を着なくちゃな。イタイって思われたくないし」

 

と相反するふたつの気持ちがいったりきたりでモヤモヤは募るばかり。

 

この自分の中に生まれたモヤモヤが、

パーソナルスタイリストスクール(FPSS)に通おうと思ったきっかけのひとつでもあるのですが。

 

「なんとなく」ではなかった!言語化できる似合わない理由がちゃんとある

何を着てもそれなりに似合った10代・20代とは違って

30代からは「顔のパーツの特徴」を知ることがイタク見えないコーディネートを作るポイントになります。

 

自分の顔って、鏡越しや被写体でしか見ることができないんですよね~。

 

だから客観的に自分の顔の特徴を知ることは難しいのです。

 

自分で「童顔」か「大人っぽい顔」かは判断できても

それだけじゃ「似合わなくなった理由」にならない。

 

 

自分の顔のパーツの大きさや配置バランスと服のテイストがマッチしていることが

「似合う」の大事なポイントになります。

 

yourselfの顔パーツ診断は、下記のマトリックスの図のように4つに分類します。

 

感覚ではなく「数値化」して診断結果を出すので正確な分析が可能。

 

 

私はFeminine×Youngタイプ(女性らしい要素が強く×童顔)だったので、10~20代の頃から好きだったフェミニンなテイストのお洋服が似合うはず。

 

 

でも、似合うテイストなのにどうして「似合わなくなった」と感じたのか。

その原因の一つとして、選ぶ柄のデザインの大きさや形・色に問題があったのです。


花柄・フリルでも選ぶ形状を変えるだけで、30代になっても今まで通り好きなテイストを楽しめることが判明。

 

yourselfの顔パーツ診断は、診断結果から似合うデザインや質感・形を導きだせるので、あなたのタイプと共に似合うお洋服のテイストもお伝えできます。

逆に、年齢を重ねたからといって、暗い色や落ち着いた柄選びに走ると一気に老け込む可能性があるので注意が必要。

これも顔パーツ診断の結果から、おひとりおひとりに合ったアドバイスをさせていただきます♡



30代からの似合うファッションを作るポイント・まとめ

  • 自分の顔パーツの“特徴”を知る (客観的に見ることがとても重要!)
  • 自分の顔パーツとお洋服のテイストをマッチさせる
  • 同じ柄でも選ぶ大きさ、色によってはイタイを通り越して一気に老け込むことも!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました